スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何とか平熱に。 
今週は中頃まで扁桃炎での微熱が引かず、37度5分を超えたら飲むようにと処方された解熱剤はあったのですが、37度5分まで行きそうで行かない日々が続き、木曜日の朝にようやく36度台にまでなったという状態でした。耳鼻咽喉科で言われたとおり約1週間続いてしまいましたよ……。

だけど喉の膿が取れたのは早かったなぁ。火曜日にはかなり減ってましたから。喉に痛みが強かったら耳鼻咽喉科に行く方が治りも早くていいですよ!

今週は水曜日くらいまでは仕事がそんなに忙しくなかったので、10時には寝ていたのも良かったのかも。兎に角、仕事が終わって家に帰るなりダウンしてしまい、週中頃までは家にいる時はひたすら寝てました。週末忙しかったので、体力を温存出来て良かった……。

しかしまぁ、あまり食べ物が喉を通らず3キロ落ちたのに、あっという間に戻ってしまったのが残念でなりません(苦笑)風邪だから仕方ないけどねぇ。


スポンサーサイト
耳鼻咽喉科に行って正解。 
扁桃炎で熱が40度まで上がっていた私ですが、耳鼻咽喉科で見て貰って薬を処方してもらったら、すぐに熱が36度台までさがり、なんとか今日は会社に出勤することができました。

しかし、病み上がりなのに22時まで残業してて、流石にもうこの会社は嫌だ……!!となるくらいにぐったりして帰ってきましたけども。や、忙しいのは分かっていたんですが、1人18時に上がりたいんで!と言った奴がいましてね。こっちも2日間も急に休ませてもらったし、用事があるのにダメとも言えませんし、頑張ってきましたけども。おかげで体が悲鳴あげてましたよ……。

1日中病院で処方されたトローチや太田胃散のど飴舐めていたら、今まで出てなかった咳がではじめ痰も絡み、夕方に喉から膿がボロッっと取れたという。治ってきている証拠だと思うと嬉しいですね。喉の両側が真っ白になる程の膿が付いてましたが、片方からは次々に膿が取れて次の日にはかなり綺麗になってました。

ただ、血が混じってたのは少しびびりましたけども……。膿が取れた場所からだろうと思い、イソジンでのうがいを強化しているうちに止まりましたが、血が出た場所が化膿とかしたら、また元に戻ってしまうのでは?と思うとちょっと憂鬱でした。

そうそう、今まであまり気にしたことがなかったのですが、今回どうやら私は喉が弱いらしいということが分かりました。扁桃腺が腫れやすいとお医者様に言われてきました。もともと鼻炎持ちなので、どちらかというと鼻からの風邪が多いのですが、思い起こせば仕事が忙しい時や季節の変わり目に引く熱が40度超えになる風邪は、全部喉からの風邪だったのかも。

これからは喉を労る生活を心がけたいです。

急性扁桃炎になった。 
水曜日の朝から少し喉が痛くなり始めてて、夕方には38度まで熱が上がり、喉もかなり痛くて、それでもたんなる風邪だろうと思って銀のベンザとリポD買って帰ったのですが、家に帰って御飯を食べるときにもう喉が痛くて痛くて物が飲み込めなくなってました。薬を飲んでもまったく効かなくて、熱は40度近くまで上がってしまい、寒気はするは喉は痛いわでぐったりしているところに、UMEがインフルエンザだよ!!と騒ぐので、次の日は朝一で病院へ行くことに。

でも、熱と喉が痛い以外は問題がないので、病院行ってインフルじゃなければ会社に行こうかなぁ〜と思っていたのですが、病院に行く前に会社に電話したら社長がお大事に!って言って休みをくれたので、病院後はそのまま帰って寝込むことに決定(点滴かなんかしてもらって熱が下がったら行く来だった)。いざ病院へ行こうと思って支度をしていると、熱が高い為かフラフラしてて、真っ直ぐに歩けないのですよ。昨日は気温が30度近くまであったようですが、私は寒くて半袖→長袖→半袖ワンピ→長袖パーカー+レギンス→ハイソックス→ジーンズの重ね着状態。周りの人の目が痛かったです(30度近くあるのにこの重ね着はないよな…)

とりあえず自律神経と胃痛で通っている内科へ。
予想通り、最初は自律神経の通院で来たと思われていたようですが、熱が39度から下がらなくて市販薬飲んでも熱が下がりません……と言った瞬間にみんなの顔色が変わったという。熱を測っている間に隣りに座っていた他の患者さんがそっと席を離れ、ああ、やっぱりみんなインフルエンザを疑っているのね……と(苦笑)
熱を測って提出すると、即座に隔離いやいや、親切に辛いでしょうからベットへどうぞ、との有り難いお言葉が。そのまま診察もしてくれるというので、横になったまま見て貰いました。

先生からは喉を見た瞬間に「これはインフルエンザじゃなくて扁桃炎だね」との診察結果が。
抗生剤と解熱剤と鎮痛剤を処方され、筋肉注射か座薬入れる?とのお言葉に、一番効くのは?と聞いたら筋肉注射とのことだったので、即に筋肉注射に決定。しばらく寝てていいというので、お言葉に甘えて横になってました。

筋肉注射を打つときに看護士さんが「うわ〜熱い!!これは辛いでしょう」と言っておりましたが、熱には強い私は結構平気だったりします。朝も洗濯機回してきたし、風呂も入ったしね☆それで悪化したとも言えますが……(UMEに熱があるときのきなりちゃんはテンションが高くて無茶するから怖い…と言われたことがある)

扁桃腺かも…と言われたのだから、そのまま耳鼻咽喉科へ行けば良かったのかもしれませんが、抗生剤もらったし、注射もしたし大丈夫だろうと思って家に帰って寝込んでいたら、薬を飲んだ後の1時間くらいは熱が37度まで下がるんですが、すぐに39度まで上昇するんですよねぇ……。朝起きて熱を測ったら40度を超えていて、薬を飲んでも熱が下がらないので、UMEが救急車呼ぶとか大きい病院に行け!とかの騒動になり、流石の私もこれはマズイと思ってもう1日休みを貰って耳鼻咽喉科へ行くことに。ああ、昨日内科の後で向かえば良かったよ……と後悔しても遅し。ネットで調べたら、やはり内科より耳鼻咽喉科へ行った方が治りも早かったようですね。

で、早速今朝行ってきたのですが、喉を見た瞬間に先生から「あ〜これは1週間はかかるよ〜膿み持ってるし、熱も下がるはずがない。仕事忙しいでしょう?(何故わかる!?)疲れが溜まると出るのよこれ(な、なるほど)処方された薬見せて?……ああ、悪くはないんだけど、この抗生剤は完治間近に飲む奴だから、1日3回飲む奴を出すね。それと扁桃炎用の薬も処方するから!」とのお言葉が。ああ、やはり昨日のうちに行けば良かった……。

思い出したように「明日、もし熱が下がらなかったら点滴ね!会社休みでしょ?」と先生から言われましたが「いやぁ、実は明日も仕事でして……」と言ったら「ええ!?働き過ぎ!!そんなんだから扁桃炎になるんだよ!!」と言われてしまいました……。やはり仕事を変えるしかないのか!?でもなぁ、なかなかこれっていう会社が無いのですよ。ううう。つうか、休んでいる間に常務に何を言われてるかと思うと(体調を壊すのは自己管理がなってないからだ!!と言いやがるのですよ。確かにそうなんでしょうけど!第一この給料じゃ残業しないと生活出来ないんだよ!!)胃が痛い……。

診療後、喉の方がかなり良くなってきた為か急激に空腹感が襲い、帰りにいそいそと食料の買い出しをしてきました。家に帰るなり甘い物を貪る私。ああ、でも味がわからない!!味覚はちゃんとあったはずなのですが、薄い味のものは判断つかないようです。

でもでも、耳鼻咽喉科で処方された薬飲んだら、久々に36度台にまで熱が下がった〜!!内科で処方された薬は汗だけは大量に出るけど、下がっても37度台までだったのでちょっと感動。ああ、昨日のうちに行っておけば良かったよ……。

胃が痛い……。 
自律神経の薬と胃薬が残り少なくなり、忙しくて病院に行ける状態でもないので、本当にダメな時だけ飲もうと思って薬を少しだけ残して飲むのをやめたら、4日目にして胃がダメになってしまった……。マジで胃が痛いんですけど。自律神経の方は飲んだ方が汗はが少しは減ったかな?という程度なのでいいのですが、胃が痛いのは本当に勘弁して欲しい。

昨日辺りから調子は悪かったのですが、今日の昼ご飯を食べた辺りから胃痛が始まり、帰る頃には久々に胃痛と吐き気がしていたという。もうさ、会社に行くのがダメなんだと思う(苦笑)また1人おっちゃんが辞めたしね。月末で仕事が一番忙しい時ってのが辛いわけですよ。

そして不眠気味です。4時間くらい寝れば目が覚めてしまう。会社で昼寝するからなのかなぁ。でも、昼寝しないと体が持たない……。そしてイライラすることが多すぎる。

以下愚痴なので隠します。


続きを読む »

電子体温計を買ってみた。 
自律神経の薬を飲み始めて最初にきた生理が通常に戻ったのですが、やはりあまりに酷い汗が止まらないので、いっそうのこと婦人科系の病気なのか、更年期なのか、自律神経の異常なのかはっきりさせたくなり、ようやく婦人科へ行くことを決意しました(何度か決意しているのですが、毎回病院選びで挫折している)。

しかし、行くとなると生理周期などを把握していないとダメだろうし、いまは通常になっているけど、仕事の状況が悪化し、不摂生な生活をしているので、いつまた1ヶ月きっぱなしだったり、2週間おきにきたりするかわからないので、ちゃんと自分の生理周期を記録しておこうと思い、基礎体温や生理周期を把握出来るツールを購入することにしました。

最初はルナルナの登録を考えたのですが、基礎体温を毎日測って登録しないとダメで、そうなると体温計を購入しないといけないわけで(持ってはいるけど電池切れ状態)、その上、どう考えても長続きしないと思い至り、だったら体温計に記録が出来るタイプを買えばいいんじゃん!と思い立って、吉祥寺のヨドバシへ買いに行ってきました。

しかし、売り場に行って初めて知ったのですが、基礎体温を測って記録するタイプの体温計って色々と種類があるんですね。ゲーム機みたいなものから、普通の体温計の形まで何種類かあって、お値段も結構高め(そりゃ記録出来るタイプですからね……)なんですよね。

どう考えても私の性格上、面倒くさいタイプのものは長続きしないと思い、お値段が手頃で(3610円)操作が簡単で、普通の体温計の形をしたタイプで、1年ちょっと分の記録ができるというテルモの電子体温計を購入してきました。

電子体温計

本当は同じタイプでルナルナに登録出来るタイプの物もあったのですが、絶対にやらないな……と思い、この一番簡易的なタイプに決定。家に帰って日付などの登録をしてみましたが、小さくて操作が簡単で実に私向き(笑)これなら長続きしそうな感じです。

しかし、毎日同じ時間に測るってのは無理そうだな……。がんばります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。