スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LES DEUX MAGOTS PARIS 渋谷東急本店 
最近、録画してまで欠かさず見ている番組が「グレーテルのかまど」。

番組についての感想などは後で書くとして、まずはこちらの記事を先に。
10月13日の放送でタルトタタンを紹介していて、UMEが食べたくなって買ってきたのが渋谷東急本店に入っている ドゥ マゴ パリ のタルトタタンです。

ドゥ マゴ パリ タルトタタン

とても素敵な色ですよね!
じっくりと煮詰めたリンゴは思ったよりも甘さがなく、ビター気味でリンゴの味もしっかり。個人的には生クリームを付けていただきたいかなぁという感じです。UME曰わくお値段がいいとのことですが、結構大きいのでそれなりの値段なのは仕方がないのかも。リンゴの量もすごそうですし。私はあまり果物が好きじゃないので半分でギブアップしてしまいましたが、甘みの少ないタルトタタンをお望みの方にはいいのかもしれません。


ライン横500

さて、ここからは「グレーテルのかまど」という料理番組についての感想など。

同居人のUMEはとにかく料理番組が大好きで、1日中LaLaTVやフーディーズTVで入っている料理番組を見ているという人間で(しかし、海外のカリスマ主婦やらカリスマシェフは驚くほど料理が豪快で笑える)、そんなUMEが見始めて私もはまったという番組です。

設定がヘンゼルとグレーテルの話をベースにしていて、その末裔である15代目のヘンゼル(何故日本人とかの突っ込みは無視で。15代目なのでそんなこともあるんでしょう)が姉であるグレーテルの為に、かまど(確かヘンゼルを太らせて食べる(?この辺の記憶が曖昧です…)為に料理を作っている魔女の手伝いをさせられていたグレーテルが、かまどの前にいた魔女を後ろから押し込んだんでしたよね)から指導を受けながらスイーツを作るというストーリーとなってます。

この15代目グレーテル役の瀬戸康史くんと、かまどの声をしているキムラ緑子さんのやり取りが楽しいんですよね。物知りかまどは魔法だって使えるし(ねかさないとダメなスイーツのベースだって、かまどの魔法で時間を進めちゃいます。だけど今まで見た中でそのシーンが出てきたのは1回きり。もっとその魔法を使った方がいいスイーツだってあったのに…)ヘンゼルからの質問にだって何でも答えちゃいます(あ、でも今回は山ガールを知らなかったな)

かまどで焼くとか言いながらオーブンを使ったり、出来上がったスイーツをヘンゼルが試食をしようとすると姉であるグレーテルが帰ってきたり、どう考えてもヘンゼルってヒモ状態じゃね?という感じだったり、手つきがおぼつかない(ちゃんと料理監修が入っているのに一向に上達しない)状態ですが、小ネタ満載なのは楽しいです。しかし、ヘンゼルとグレーテルは魔女の家のかまどを持ち帰ってしまったのか?それとも住み着いたのか?かまどがカルシファーみたいな状態で、あちこち出掛けてもいるようですが……?

しかし、グレーテルからの黒板を使ったメッセージは謎が多い(笑)
そして、どれだけ忙しいんだグレーテルは。どう考えてもその日のうちに帰っていない時が多いのですが。バリバリのキャリアウーマンで、学生かプーか知らないけれど、弟(設定ではグレが姉でヘンゼルが弟です)を養ってるのか?という感じです。

そしてヘンゼルはヘタレ(笑)
だけど疲れて帰ってくる姉のために何かを作ってくれるって弟はいいですねぇ。

先日友人にこの番組にはまってると言ったら、その友人も見ているとのことで、結構視聴率いいのか?とか思っていたり。今後も見ていこうと思ってます。


関連記事
スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。